憧れの結婚式をアットホームにしたい人必見!家族婚の豆知識をご紹介します

このサイトでは、家族だけの挙式についての情報や知識をお伝えします。
そもそも家族婚とはどのようなものでどんなカップルに向いているのかを説明します。
また向いている挙式スタイルも、この記事を読めば一目瞭然です。
近年結婚式のスタイルや種類も非常に増えています。
そんな中で家族だけで挙げたい場合にはどうすれば良いのかがよく分かります。
満足度の高い結婚式にしたい人は必見です。
アットホームな結婚式や家族だけの挙式に憧れている人に役立つサイトです。

憧れの結婚式をアットホームにしたい人必見!家族婚の豆知識をご紹介します

家族婚を成功させるための豆知識として、参加するゲストの人数を定かにしてそれに合うスペースの挙式会場を探すことが大切です。
あまりに広すぎる会場では新郎新婦とゲストの間に距離感ができてしまいます。
アットホームな空間にちょうど良い広さであるかどうかがポイントです。
家族婚のおすすめ式場としては、レストランや神社などが挙げられます。
広さ以外には、予算や企画したいこと、何に重点を置くかを考えて検討しましょう。

家族婚の準備でまず初めにおこなうこととは

家族を中心とした少人数でアットホームなウェディングをしたいので、家族婚の準備を考えている人もいるのではないでしょうか。
そのような場合に、まず初めにするべきなのは招待するゲストの人数を決定するということです。
家族婚では主に家族が集まるので顔ぶれを確認することはそれほど難しいことではないはずですが、まず人数を決めておくとスムーズに準備をすることが出来るようになるためおすすめです。
またどの程度の予算で家族婚をするのかも、はっきりさせておくことをおすすめします。
自己資金やご祝儀などからどの程度の費用を捻出できるかを検討し、目安とします。
それからいつ頃家族婚をするのかを決めていくと良いでしょう。
少人数でのウェディングは、大規模なものよりも短期間でできることも少なくありません。
とはいえ余裕を持って予約をしたり用意をすると、納得の結婚式をすることができるようになるはずです。
そして両家の意向も早めに確認すると後々スムーズです。

家族婚の衣装はドレスや和装を選ぶべき?

アットホームな結婚式を希望しているので、主に家族を招いた家族婚をしたいという人は多いのではないでしょうか。
少人数の身内のみが集まって結婚のお祝いをするときには、新郎新婦は本格的な婚礼衣装を着るべきなのかという悩みを持つこともあるかも知れません。
多くのゲストが参列する一般的な結婚式の場合には新郎はタキシードや袴、新婦もウェディングドレスや和装などを着用することが多いです。
しかし家族のみでするとなると、そのような装いは大げさに思われることもあるものです。
とはいえ家族婚であっても、婚礼衣装を身に付けることはおかしなことではありません。
チャペルや神社の神殿での挙式や、宴会場での披露宴や会食をおこなう家族婚ではタキシードやウェディングドレス、和装などを着用する方がメリハリがつき良い思い出に残る式になる可能性があります。
もちろんそういったものを着ることなく結婚式をしたいという希望も叶えられるのが家族婚です。

家族婚の演出で大切な成功ポイントとは

家族婚はお互いの両親や兄弟などの親しい間柄の人達だけでおこなうので、演出の部分にこだわることで感動することができます。
基本的にはお互いの昔の写真を動画にしていくような演出をすると感動できますし、お互いの家族の関係性が分かるような映像を作るのも素敵かもしれないです。
結婚式では大きなケーキをカットするようなこともしますが、当然ながら家族婚でもやることはできます。
ただ参加する人数が少ない場合はケーキのサイズも小さくなりやすいですが、大きさではなく内容にこだわることで成功できる筈です。
ケーキのクオリティを上げたり、カットをするときに家族婚ならではの独自のカット方法を取り入れるなども面白いかもしれません。
通常の結婚式よりも自由度が高いので、各家庭の特徴を上手く活用した形にすると家族婚を成功させられる可能性が高いです。
一番重要になるのは皆が楽しむことになりますから、それを意識して幸せな空間を作り上げるのが大切になります。

家族婚の当日はご祝儀をどう扱っている?

家族婚に招かれた際のご祝儀はどうなっているのでしょうか。
そもそも渡す必要があるのか、金額の相場、渡し方やマナーについてみていきます。
まず祝儀を渡す場合のタイミングですが、家族婚の場合、通常の結婚式のように当日受付に渡すことはなく、事前に新郎新婦へ渡すことが一般的です。
前もって渡すことができなかった場合は、挙式当日に新郎新婦に直接渡すこともできますが、送付するのは避けたほうがよいでしょう。
金額の相場は、新郎新婦との関係性で変わります。
親しい友人で2万円前後、兄弟姉妹で3〜5万円、家族ごと招待された場合は1家族分として8万円前後、親などの親族は5万~10万円となり、学生などの若い場合には必要ないことが多いです。
ご祝儀が不要なケースとしては、会費制の結婚式や、会食のみの場合があります。
家族婚に限りませんが、遠方からゲストを招待する場合や、交通費や宿泊費を負担する代わりにいただかない場合などもあります。

著者:大槻雄三

筆者プロフィール

岡山県倉敷市生まれ。
ウエディングプランナーとして500組以上のカップルの挙式をサポート。
ネットで家族婚に関する記事を書いています。
倉敷の家族婚はこちら!